鶴飼橋 <盛岡市玉山区渋民>


鶴飼橋 
「鶴飼橋と姫神山」                                    「鶴飼橋と岩手山」
残念だが姫神ホールが完成してから姫神山の稜線が切られてしまった。                                              

   玉山村渋民は石川啄木のふるさとである。北上川河畔の小高い丘には公園があり、その一角に

「やはらかに 柳あをめる 北上の

  岸辺目に見ゆ 泣けとごとくに」

の歌碑がある。この公園の眼下に北上川に架かる鶴飼橋が望める。鶴飼橋は啄木の小説「鳥影」の舞台でもあり、長詩「鶴飼橋に立ちて」にもうたわれた、啄木の原風景の一つである。

また、鶴飼橋から眺める姫神山・岩手山はまさにふるさとのやまである。

近くには、代用教員をしていた渋民小学校校舎や一家が間借りしていた斉藤家の建物を併設した、啄木記念館がある。


啄木の歌碑と岩手山


backbtn.gif (994 バイト)
見どころ・歩きどころへ戻る